INTERVIEW

社員インタビュー

内藤 優太 NAITO YUTA

プラットフォーム事業部 課長 2018年入社

アプレに入社した理由

前職でもリユース業界で働いていました。その時の先輩がたまたまアプレで働いており、そこからご縁を感じました。きっかけは縁でしたが、前職の能力を活かせる点と若いうちからやる気と能力次第で挑戦できる環境が整っていたため、アプレで頑張ろうと思いました。

仕事のやりがい、醍醐味

現在は、プラットフォーム事業の事業責任者として、オークション事業、卸販売事業、仕入れの責任者をやっています。オンリーワンのものの価値を価値を最大化させるところに、仕事のやりがいを感じています。同じものでも全く同じ状態は存在しません。傷の位置や度合いも違います。常に同じものが存在しない状況で価値を最大化させつつ、適切な価格での取引を行うところにこの仕事の楽しさを感じています。

アプレってどんな会社?

とても人間関係がよい会社だなと思います。感覚的な話ですが、みなさん気遣いがありとても優しい方が多いです。年代は20代〜40代まで幅広く、入社したてでも意見があれば、先輩たちは耳を傾けてくれる人たちばかりです。先輩後輩関係なく、お互いが切磋琢磨する環境があると感じています。

最後に一言

アプレは、3年後5年後を意識したときに、今挑戦したい!という方が合うと思います。ビジョンを描きやすい業界でもあり、その中でアプレはやる気と頑張り次第で、若いうちから責任ある立場になることもできる。  そんな環境で挑戦したい!という方はぜひ一緒に働きましょう!僕も負けじと、世界共通であるリユースの分野のグローバル展開に挑戦します!